時計を選ぶ際には人それぞれ重要視するポイントがあります。文字盤やブランドなどを重視する方も多いですが、使っていく中で意外にも大きな影響を及ぼすのがベルトです。ベルトの素材が自分の求める条件を満たしているかを確認しておくことが大切です。もちろん、合わなければ交換をすることも出来ます。腕時計には革バンド、メタルバンド、ウレタンバンド、ナイロンバンドなどがあり、それぞれ違った魅力があります。どの素材が一番良いというものではなく、自分の好みに合うかどうかが大切です。加えて、使用するシーンによってもマッチする素材は変わってくるので、選ぶ際には使うタイミングについてよく考えておく必要があります。素材以外には幅も印象を大きく左右する要素となっています。

オーソドックスな革バンドと金属バンド

革バンドは多くの方が使用しているオーソドックスなベルトの1つです。丈夫さ、軽さ、デザインの豊富さなど優れた点は多いです。唯一の弱点となっているのが湿気への弱さです。特に暑い日は汗をたくさん吸ってしまうので使用後のケアは欠かせません。不意の雨にも注意が必要です。丁寧な使用を続けていれば徐々に味わいが増していくので、長く使うにはぴったりです。同じく馴染み深いのが金属バンドです。金属バンドは頑丈でありながらケアもそれほど必要でないという特徴があります。多くはステンレスなのでサビる心配もほとんどありません。ただ少し重めなので長時間の使用よりも、短時間の使用に向いていると言えます。重いことはそれだけ高級感を感じられることに繋がっており、必ずしも短所とは言い切れません。

値段も抑えられて使い勝手の良い素材

柔らかいプラスチック製のバンドをウレタンバンドと言います。軽さとリーズナブルな価格が特徴のバンドです。水分を吸う素材ではないのでケアもあまり必要ではありません。丈夫さに関しても安心して使える水準にはあります。屋外で気軽に付ける時計にはぴったりです。金属アレルギーをお持ちの方にもお勧めできます。ミリタリーウォッチなどに使われる高い柔軟性を持つバンドがナイロンバンドです。衝撃を緩和してくれる素材なので傷がつきにくいのが特徴です。水分を吸う素材なのでケアは必要ですが、革ほどではありません。この素材でなければ出来ないデザインもあるので特定のジャンルでは重宝されています。自分で交換しやすいのも大きなメリットと言えます。豊富なバリエーションが用意されています。

カミーユ・フォルネは卓越した染色技術で女性向けのカラフルなベルトも作っています。 柔軟性の高い革の特性を十分に生かした時計ベルトを作っています。 カミーユ・フォルネは皮革製品作りのプロフェッショナルです。 伝統を守り続けるため最高の製品を手作りしています。 そごう横浜店や阪急百貨店うめだ本店などにCFコーナーがございます。 カミーユ・フォルネのオンラインストアもございます。 時計ベルトの専門店カミーユフォルネ