時計のデザインで大切なのは、文字盤や竜頭、針などと共にバンド又はベルトがあります。バンドによってフォーマルやカジュアル、そのどちらも兼ね備えた雰囲気さえ演出できますし、他人とは違ったオリジナリティを表現することもできます。バンドの種類には革製、金属製、ウレタンやナイロン製などがあり、傷んでいく時間や汚れ方、それに応じた取り換え方法や手入れの方法が異なります。概ね男性用が太く女性用が細いといった分類がされていますが、絶対的な決まりではありません。好みにあった腕時計をして時間に追われる日々を少しでもオシャレに楽しく過ごしたいものです。それぞれのバンドにはどのような特徴があり、どういった点に気を付けて手入れすべきなのか知っていると、お気に入りの商品と長く付き合えます。

革製や金属製のバンドにはどのようなモノがあるか

バンドの種類の中でもフォーマルで落ち着いた雰囲気が漂うのが皮革製です。一括りに皮革と言っても幾つかに分類できます。一番よく使用されるのが仔牛の革です。価格が手ごろで肌ざわりが良いことで使われます。一方水牛もありますが、丈夫な点はメリットですがややゴツゴツした肌ざわりが難点です。サメの革で出来たバンドは染色しやすい特徴がありオシャレに気を使う方には色彩の楽しみを与えてくれます。加えて水中の生物の革だけあり防水として用いられることが多いです。その他仔羊や豚の革、珍しいところではトカゲの革などもあります。トカゲは汗汚れに強いとされ、夏にふさわしいバンドです。メタル系ではステンレスとチタン製があります。ほとんどはステンレス製ですが、その重さや汚れ易さを解消するためにチタン製があり、やや高価になります。

ウレタンやナイロン製のベルトの良さとは

皮革製や金属製に比べてウレタンやナイロン製はカジュアルでありながら、使い方によっては案外長持ちします。また皮革や金属と違って柔らかく大胆に洗えるので、皮脂汚れによるカビなどが生じにくいでしょう。ただし、ひび割れによってあっさり切れてしまう点は日頃のメンテナンスで注意する必要があります。ウレタンやナイロンは色彩が豊富なので、バンドを交換するたびに色を変化させても面白いでしょう。通常バンドは少し緩めにするのが快適な状態です。しかしあまり緩くするとフィット感が無くなり、文字盤などの本体部分がより重く邪魔な感じがするので、最適な状態を見極めながらバンドの設定を決めましょう。バンドは時計を腕に巻くためだけの単なる道具というよりも、オシャレを楽しみそして個性を表現するための手段なのです。