時計には様々なタイプが存在し、個性が表れるアイテムのひとつともいえます。
パーツひとつひとつの色やデザイン、装飾目的を兼ねたものから機能性を重視した、
実用タイプのものまで数多くの製品が存在します。
(新発売や定価販売以外にもアンティークや中古販売市場などを考慮すると、
数え切れないほどのアイテムが存在します。)
数多くのもの中からコレクション目的・実用する為のひとつや数個を愛用する方まで、
様々ですがどの場合も注意しなくてはならないのは「劣化」です。
どのようなものも、必ず劣化は避けて通ることはできず、
いかに上手にケアして保つことが、アイテム自体の寿命を延ばすことにつながります。
気に入ったものを末永くおしゃれに愛用するにはいくつかのポイントがあります。

購入したままでは寿命が短くなります。

購入したアイテムを末永く愛用する為には、寿命を延ばしてあげることも重要なポイントになります。
時計は大変デリケートで日常生活で蓄積される小さなチリやホコリが内部に入り込んでしまうと、
ヤスリで摩擦したような状態になります。
結果として心臓部分とも言える内部のパーツが
摩擦により傷ついてしまい機能面で大きなダメージを受けてしまいます。
予防方法としては毎日使用後は柔らかい布などで軽く拭き取ったり、
柔らかい毛質やクリーニング専用のブラシや
押す事で空気がでるブロアーでホコリやチリを吹き飛ばすなど、
簡単ですがマメな手入れが寿命を延ばす重要なポイントになります。
また少しでも異常を感じた場合は、時計販売店や専門店で早めのチェックを受けると、
トラブルを未然に防ぐ事が可能です。

内部以外にもケアすべき重要なパーツ

心臓部分である内部を守ることはもちろんの事、
ガラス面やベルトといったパーツも劣化が激しいので注意が必要になります。
特にベルトは劣化が進むと切れてしまい、
突然落下してしまう可能性が高いのでこちらも注意が必要です。
落下してしまうと、衝撃により内部破損や修復できない大きな傷がついてしまい、
修理などでは再生不可能な状態にもなりかねません。
大切なアイテムを守る為に購入直後は様子を見ることを心がけましょう。
また革製品には作り上げるまでに使用される薬品や染料などでアレルギーや色移りなども
起こる可能性があるので、肌に異常が現れたら、ただちに使用を中止し、
購入した店舗でアレルギーの起きない素材のものに交換してもらうこともできます。
(追加料金が発生したり、交換が不可能な場合もありますので購入時に確認が必要です。